ブログの記事をわけるデメリット。内容が薄くなる。関連記事で補う。

1記事を分割すると、デメリットもあるよ。

「1記事のボリュームが薄くなること。」

せっかくいっぱい書いたのに、情報満載に見えないじゃん。って思うよね。

「関連情報を書く!他の記事へ飛ぶリンクも貼ってPVアップ!」っていう記事薄を補う対策もあるから大丈夫だよ。

今日は、ひとつのテーマをわけて記事にしたときのデメリットについてだよ!

ひとつのテーマを分割すると1記事のボリュームが少なくなる。

前に記事をわけると、記事数が増えるし、検索エンジンにも強くなるよー、ってメリットをお話したことがあるよ。

※ブログの記事をわけるメリットの記事はこちら

 

読者さんに知りたいことを伝えれる反面、1記事にちょっとずつ書いていくから、当然のごとく記事の内容が薄くなる。

ひとつのテーマを分割して記事更新するときデメリットになっちゃう。これしょうがない。

 

関連情報とリンクで記事の薄さを補う。アクセスアップ効果もあり◎

で、りおがおすすめする対策としては、記事の下に関連情報を書いておくこと。

もっと情報を欲しい!もっと情報を知りたい!って読者さんは思ってるからね。発売日の記事には、ジャケットや収録曲のこと。

 

そして、最後には他の記事へ繋がるリンクを貼っておくこと。

もっと見たい!って思った読者さんは、リンクをクリックしてみてくれるよ。1記事から2PVになるでしょ。

ジャケットや収録曲の記事にも、発売日やカップリング曲のリンクを貼っておく。

すると・・・ひとつのテーマで、めきめきPVアップするよ!!

 

もっと知りたい読者さんに見たい記事をお知らせしてあげる。

記事に同じブログのURLを貼ることを、内部リンクっていうよ。

Googleは内部リンクも検索結果に重要視してるんだよね。記事同士をURLで繋げて、読者さんが知りたい情報をわかりやすく提示してるから。

関連の記事を探して、読者さんがブログ内で迷わなくてもいいように、見たい記事にすぐにアクセスできるように作る。すべては「読者さんのため」、ね。

 

1記事を分割すると、文字数や情報量など、ボリュームが薄くなるのは、しょうがない。だから、関連情報を書くんだよ。

もっと知りたい!もっと見たい!って読者さんに「つぎ」への案内をしてあげよう。

 

最初は関連記事もないから、気にしなくても大丈夫。1記事のボリュームが少なくてもいいから、とにかく更新する。

関連する記事を更新したら、追記すればいいこと。ブログは修正できるからね!