メールやスカイプで友達感覚で話しちゃだめ。相手は知らない人だよ。

先週、友達感覚で話す方とスカイプ通話をしたよ。

知らない人、はじめての人と話すのに、フレンドリーにタメ口はないよ。

年上でも年下でも、男性でも女性でも、教える側でも教えてもらう側でも、相手が誰であろうと同じ。立場とか関係ない。

友達や家族じゃないんだからさ。言葉遣いや態度も考えて行動しなきゃいけないよね。

はじめましての人にメールするとき、知らない人とスカイプなどで直接お話をするとき。敬語を使うのは人としてのマナーだよ。

今日は、メールやスカイプなど、知らない相手と話すときは敬語を使おう。ってことを書いていくよ。

タメ口で友達感覚のメルマガ読者さんとスカイプしたよ。

このまえスカイプをしてて、普通にタメ口で話してくる方がいたよ。

「えー、これどーすればいいのー?そっかそっかー。」

りお、マジでびっくりしたわ。

大体スカイプする方って緊張してる。そして、りおもちょっと緊張してる。そりゃそうだよね。相手は知らない人だもん。

何回かメールのやり取りをしたことあっても、直接通話になるとまた雰囲気が違う。

なのに、年齢的にもしっかりした大人が友達感覚で話してきた。衝撃だよ。

 

知らない人と話すんだから敬語を使うのは当たり前のこと。

「他のコンサルを受けたり、お問い合わせするときも、同じ友達感覚なのか?」

スカイプした50代女性の方に、言葉遣いや態度について聞いてみた。

「同じ女性同士で、20代くらいの若い子だから、フレンドリーの方がいいかなーって思った。」

 

いやいやいやいや。ちょっと待って。相手に合わせるのはいいことだし、協調性っていう面でも必要だよね。

でもね、バイトしてるし、正社員で働いてたこともある。31歳の大人だよ。ちゃんと敬語使えるから。仮に20代の若い子だって、ある程度の敬語はわかるでしょ。

2歳、3歳の女の子に「飴ちゃん食べる?いちごとぶどう、どっちがいい?」って聞くのとわけが違う。

 

「市役所行きたいんですけど、道教えてもらえませんか?」中学生や高校生だって、道を聞くときもやっぱり敬語になる。

「ここの道まっすぐ行って、2本目の信号左に曲がるとあります。」そして、誰だって返答も敬語だよね。

 

相手は知らない人で、友達や家族じゃないの。

しかも、あなたもアフィリエイトでお金を稼ごうと考える大人。だったら、敬語で話すことは、最低限の礼儀だよ。

「教えてもらう分際」とか、「人にモノを聞く側として」とか、よくいうけど立場とかは関係ない。だからりおだって偉そうにしたり、上から目線で話したりもしない。

知らない人と、知らない人が、はじめて会話するの。

立場なんか抜きにして、敬語を使うのは当たり前のことだよ。

 

メールもスカイプも知らない相手と話すとき最低限のマナーは守ろう。

  • アフィリエイトで稼ぐ方法を知りたいとき。
  • ブログのアクセスアップする方法を聞きたいとき。
  • ツールの使い方を教えてほしいとき。

メールもスカイプも同じ。知らない人と話すんだから、敬語を使おう。

りおはあんまり堅苦しいのも嫌だし、超絶丁寧な言葉遣いはしてほしくない。もっと気軽にくだけてていい。だけど最低限のマナーは必要だよ。

「ブログで稼ぎたいと存じます。何から始めればいいのか、教えていただけますでしょうか?」こんな難しい敬語じゃなくていい。

「ブログで稼ぎたいです。何から始めればいいのか、教えてほしいです。」とりあえず、このくらいで十分。

お問い合わせをするとき、知らない人と話すときは、敬語を使おうね。

 

メールでお問い合わせするときは、あいさつや名前を名乗ることも忘れずに!

「はじめまして、○○(あなたの名前)です。」←この一文が最初にあるだけでも、印象が全然違うからね。