レンタルサーバー・エックスサーバーの契約手順と、MySQL設定。

ワードプレスでブログを作るには、まずレンタルサーバーが必要だよ。

今回はりおがアフィリエイトを始めたときから使い続けてる、「エックスサーバー」を例に契約方法を書いていくね。サーバーに設置するデータベース(MySQL設定)の登録も一緒にしておくと後で楽だよ。

エックスサーバーで契約した順番を、全部スクショ付きで進めてるから、みながらやってみてね。

エックスサーバーと契約する手順。


出典元:エックスサーバー

今回は、「エックスサーバー」っていう会社で、レンタルサーバー契約するよ。まずは公式サイトのトップページを開いてみよう。

→エックスサーバーのトップページはこちら

 

右側にある、サーバー無料お試し10日間、ってあるよね。「お申込みはこちら」のオレンジ色のボタンをクリックしてね。

 


出典元:エックスサーバー

開かれたページは、エックスサーバーのお申し込みフォームだよ。

新規契約は左側の、初めてエックスサーバーをご利用の方、ね。

「サーバー新規お申込み」をクリックするよ。

 


出典元:エックスサーバー

まず、サーバーIDとプランを決めるよ。

サーバーIDは好きな英数字で何でもOK。3文字~12文字で入力してね。

プランは「X10」でいいよ。どのくらいの容量か?ってこと。一番少ないプランでも、ワードプレスで3個、4個も十分作れるよ。

 


出典元:エックスサーバー

入力したサーバーIDが、使われていたら、エラーになるよ。

「既に登録済のサーバーIDです。同じサーバーIDは登録できません。」って赤字がエラー表示。

数字を組み合わせたり、文字を変えてみてね。

 


出典元:エックスサーバー

使われていないサーバーIDだったら、緑色になるよ。

下に「cgrは申し込むことが可能です!!」ってチェックついてるでしょ。りおはcgrで申し込んでみることにしたよ。

 


出典元:エックスサーバー

次は、自分の個人情報を入力するよ。

メールアドレスは、フリーメールなど何でも大丈夫。

登録区分は、「個人」にチェック。

名前は本名で、住所は自宅。

電話番号は携帯電話でいいよ。

ネット上に公開されないから、安心して入力してね。

 


出典元:エックスサーバー

最後に利用規約や個人情報の同意確認だよ。

下にある「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意する、にチェックをつけてね。

 


出典元:エックスサーバー

上から下まで軽く見直して、左側に緑色の「完了」、って表示になってれば大丈夫。

一番下の「お申し込み内容の確認」をクリックしてね。

 


出典元:エックスサーバー

エックスサーバーで入力した内容が確認表示されるよ。

間違いなかったら、「お申し込みをする」をクリックするよ。

 


出典元:エックスサーバー

「サーバーの新規お申し込みを受付いたしました。」ってでたら、申し込みができてるよ。

エックスサーバーの契約はここまでね。

 

エックスサーバーでデータベース登録(MySQL設定)する。

申し込みから24時間以内に、エックスサーバーからメールがくるよ。

件名「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」っていうの。メールが届かなかったら、迷惑メールになってるかもだから、確認してみてね。

 

↑メールの内容はこんな感じ。

会員IDや申し込んだメールアドレス、割り振られたパスワードなどが書かれてるよ。

「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」のメールは、今後も使うから保存しておいてね。パソコンの買い替えをしたり、ソフトの再設定をするときにも、使うよ。

で、下の「ユーザーアカウント情報」っていうところをみてほしいの。

 

ここからデータベースの登録をしていくよ。MySQL設定って言って、初めて聞くと思うけど、意味とか理解しなくてもいい。とりあえず登録しなきゃ、ワードプレスは作れない、ってことだけ覚えておいてね。

ユーザーアカウント情報の一番下、インフォパネルのURLをクリックするよ。

 


出典元:エックスサーバー

会員IDとパスワードの入力をしてね。ユーザーアカウント情報にあった、会員IDとパスワードをコピペでいいよ。

入力したら、「ログイン」をクリックするよ。

 


出典元:エックスサーバー

↑エックスサーバーのインフォパネルはこちら。

ご契約一覧のサーバー欄があるよね。

右側にあるサーバーパネルの「ログイン」をクリックするよ。

 


出典元:エックスサーバー

↑エックスサーバーのサーバーパネルはこちら。

真ん中の下らへんに、データベース、ってあるよね。(メールの下、FTPの下、データベース。)

データベースの下にある「MySQL設定」をクリックしてね。

 


出典元:エックスサーバー

↑MySQL設定の画面はこちら。

MySQL一覧、ってオレンジ色の右隣、「MySQL追加」をクリック。

 


出典元:エックスサーバー

MySQLデータベース名に、好きな文字を入れるよ。りおはいつもWordPressの「wp」にしてるね。(同じでもいいよ。)

入力したら、「MySQLの追加(確認)」をクリック。

 


出典元:エックスサーバー

確認画面が出たら、そのまま「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリック。

 


出典元:エックスサーバー

「MySQLデータベースの追加を完了しました。」ってでたらオッケー。

次に、「MySQLユーザ追加」タブをクリック。

 


出典元:エックスサーバー

今度はユーザーIDの追加登録をするよ。

MySQLユーザIDとパスワードは、好きな文字を入れる。ちなみにりおは、MySQLユーザIDに、「userwp」って入れてるよ。(同じでもいいよ。)

入力したら、「MySQLユーザの追加(確認)」をクリック。

 


出典元:エックスサーバー

確認画面が表示されたら、「MySQLユーザの追加(確定)」をクリック。

 


出典元:エックスサーバー

「MySQLユーザの追加を完了しました。」ってでたら、オッケー。

今度は、右側の「MySQL一覧」タブをクリック。

 


出典元:エックスサーバー

さっき作ったデータベース(cgr_wp)ができてるね。登録したユーザIDを、アクセス権未所有ユーザから、アクセス権所有ユーザへ、移動させるよ。

アクセス権未所有ユーザで、ユーザIDが選択されてることを確認して、「追加」をクリック。

 


出典元:エックスサーバー

「MySQLデータベースへのアクセス権の追加を完了しました。」ってでたら、オッケー。

データベースの登録はここで終了だよ。

 

レンタルサーバーを契約したら、次は独自ドメインを取得しよう。一番安くて個人情報の公開もしなくていい「ムームードメイン」がおすすめ。

 

わからないこと、できないこと、エラーなどは、そのままにしないでね。飛ばして次に進んでも、ブログはできないからね。検索したり調べてもわかんなかったら、質問のメールをしてね。

→質問メールをりおに送るにはこちら