独自ドメインにワードプレスをFFFTPでアップロードする方法。

ワードプレスでブログを作るには、独自ドメインにファイルをアップロードするよ

今回は、FTPソフト「FFFTP」を使って、パソコンからドメインにワードプレスを導入する手順を開設していくね。

ワードプレスをダウンロードする。


出典元:WordPress

「ワードプレスでブログを作る。」、「有料でブログアフィリエイトする。」とはいうものの、ワードプレス自体は無料なんだよね。お金をかける、有料っていうのは、ドメイン代のこと。

まず、日本語ワードプレスのファイルをダウンロードするところから始まるよ。

公式サイトを開いて、右側にある「WordPress4.7.1をダウンロード」をクリック。(※4.7.1はワードプレスのバージョンだから、新しいものに随時更新されて数字が大きくなるよ。)

→日本語ワードプレスをダウンロードはこちら

 

パソコンのダウンロードフォルダに、ファスナーがかかった圧縮ファイルがあるよね。

これから「wordpress-4.7.1-ja.zip」を解凍するよ。

 

ワードプレスの圧縮ファイルの上で右クリックしてね。

でてきた機能の中で、上から3番目「すべて展開」をクリック。

 

「展開」をクリック。

 

「wordpress-4.7.1-ja」で同じ名前で、ファスナーがついてない普通のフォルダになったよね。

zipが圧縮ファイルの意味で、zipがなくなってるから解凍ができてるよ。

 

FFFTPを使ってパソコンからドメインへワードプレスを導入する。

ここからFTPソフト「FFFTP」を使っていくよ。パソコンのスタートメニューから、ソフトを起動させてね。

→FTPソフト「FFFTP」を持ってない方へ。ダウンロード方法はこちら

 

ワードプレスはいまパソコンにあるから、ドメインにファイルをコピーする作業を始めるよ。

まず左側にアップロードするワードプレスのファイルを表示させるね。

 

左上のフォルダがパカッて開いてるアイコンをクリック。

フォルダの参照って小さい画面がでてくるから、ワードプレスがあるフォルダをダブルクリックで開くよ。(※りおはダウンロードフォルダね。)

 

ダウンロードフォルダにあるフォルダが全部表示されるよ。

「wordpress-4.7.1-ja」を探して選択したら、「OK」をクリック。

 

左側に表示されてる「wordpress」フォルダを、ダブルクリックする。

 

左側がワードプレスのフォルダ内にあるファイルになったね。これでいいのだ。

つぎ、右のサーバー側を操作するね。

右にある、あなたの取得したドメインをダブルクリック。

もし、独自ドメインが表示されてなかったら、サーバーにドメインの追加設定ができてないかも。サーバー管理画面を確認してみてね。

→エックスサーバーでドメインの追加設定はこちら

 

ドメインの中にある、フォルダがでてきたね。

「public_html」をダブルクリック。

 

ワードプレスのファイルは、「public_html」にアップロードをするよ。

その前に、「index.html」の削除をするよ。「index.html」があるとブログのトップページが表示されないの。だから最初に削除しておくんだよ。

 

「index.html」上で右クリック。「削除」をクリック。

 

左のパソコン側にワードプレスフォルダ、右のドメイン側にパプリックフォルダ。

さて、いよいよ、ワードプレスをアップロードするよ。

 

まず、左にあるワードプレスのファイルをすべてを選択するよ。

すべて選択するには、FFFTPのメニューバー「表示」→「全選択」。か、キーボードの「Ctrl」+「A」。

 

全部選んだら、アップロードアイコンの「⇑」上向き矢印をクリック。

「(1459)アップロード」は、ファイルが1459個あるよ、ってこと。1個ずつアップロードするから1~2時間くらい時間がかかるよ。

パソコンはしばらく放置プレイでOK。

 

↑ワードプレスのファイルが全部アップロードされた完成図。

右側にも左側と同じファイル名が並んでたら、ワードプレスのアップロード終了。

 

ワードプレスでログインするための設定。

今度はブログにログインするための設定をするよ。

右側の「index.php」ってファイルを右クリック。「URLをクリップボードへコピー」をクリック。

 

「ftp://sv2144.xserver.jp/ドメイン.xyz/public_html/index.php」を「http://ドメイン/index.php」にするよ。

 

まず、ftp://sv2144.xserver.jp/ドメイン.xyz/public_html/index.phpの先頭にある「f」を消して、半角英字で「ht」をつける。http://~~~にする。

 

http://sv2144.xserver.jp/ドメイン.xyz/public_html/index.phpになったら、サーバーとパブリックを消す。

サーバーは、「sv2144.xserver.jp」、パブリックは、「public_html」。

 

サーバーとパブリックを消して、ブログURLを完成させるよ。

「http://ドメイン/index.php」にするの。

できたら、インターネットエクスプローラーや、グーグルクロームなどの、ブラウザのアドレスバーに貼り付けてエンターボタンを押す。

 

↑ブログURLが正しければ、WordPressへようこそって画面に切り替わるよ。

「さあ、始めましょう!」をクリック。

 

「無効なURLです。」っていうメッセージがパソコン画面の左上にでてくることがあるよ。

これはエラーではなく、ただサーバーに反映されてないだけ。24時間以内に反映される予定だから大丈夫。

「http://ドメイン/index.php」は正しいから、同じURLで時間をおいてからもう一度開いてみてね。別の記事にも詳しく書いてるよ。

→「無効なURLです。」ってワードプレス導入で表示された。エラー?はこちら

 

WordPressへようこその画面で「さあ、始めましょう!」をクリックできたら、つぎに進むよ。

つぎは、サーバーのデータベースを設定するね。

 

契約したときにエックスサーバーからきたメールを開いてね。

サーバーアカウント情報の下にある、サーバーパネルってURLをクリック。

 

エックスサーバーのサーバーパネル、ログイン画面。

メールに書かれているサーバーIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリック。

 

↑エックスサーバーのサーバーパネル画面。

真ん中メールの下、FTPの下、データベースの「MySQL設定」をクリック。

 

↑エックスサーバーのMySQL設定の画面。

エックスサーバーの画面を見ながら、データベースの情報を入力していくよ。

 

データベース名は、データベースってところの文字を入力するよ。

※黄色い枠内は、エックスサーバーの画面スクショ。

 

ユーザー名は、アクセス権所有ユーザの名前を入力するよ。

※黄色い枠内は、エックスサーバーの画面スクショ。

 

テーブル接頭辞は、特に決まりはない。

2個目、3個目のブログができたときのために、「1」を入力しとくのがおすすめ。

 

データベースのホスト名は、MySQL5.7ホスト名ってところを入力するよ。

※黄色い枠内は、エックスサーバーの画面スクショ。

全部入力が終わったら、「送信」をクリック。

 

つぎは、ユーザー名やパスワードを決めていくよ。

 

 

サイトのタイトルは、ブログのタイトルになる部分。でもあとで変えれるから、テーマのキーワードとか、ひとことでも適当でいいよ。

ユーザー名は、わかりやすくて覚えやすい英数字。これからブログにログインするとき、毎回使うIDだよ。

パスワードは、覚えやすい英数字を入れてね。ユーザー名とセットで、今後入力することだから、大事だよ。

メールアドレスは、フリーメールでも何でもOK。

全部入力したら、「WordPressをインストール」をクリック。

 

↑ワードプレスの管理画面はこちら。

ダッシュボードなどの画面になったら、ブログの出来上がり!

じゃあ、つぎは記事URLに自動で番号をつける設定だよ。最初にやっておけば後で楽だからね。

 

エラーになることなく、ブログ管理画面まで進めれたかな?わかんないことは、検索してみて答えがでなかったら、当日中に解決しよう。

ちなみに、ワードプレスにログインできなくて、3日くらい困ってた。バイト行って帰ってきても、エラーでログインできないのね。すぐに先輩に聞いてれば、1日以内には記事投稿できたのに・・・3日もエラー画面とにらめっこしてたよ。

あなたもお悩みがあるときは、早めに質問しよう。りおが悩んだ2日間が短縮できるよ。

→ワードプレスのアップロードから、ログインまでで困りごとを、りおに聞くにはこちら