ブログの記事はまだ知らない人に向けて書いていく。

検索したり調べてる読者さんは、まだ商品について知らないことが多いってこと。特徴や値段、メリット、デメリットなど・・・知ってたら調べないからね。

だからブログの記事は、内容を知らない人に向けて書くんだよ。

調べてる人、知らない人に向けて情報を発信する。

ブログの記事を書くときは「内容や情報をまだ知らない人」に向けて書くんだよ。もちろん、読者さんのターゲット像はあるけど記事にする内容を知らない人ね。

たとえば、嵐の最新アルバムは去年10月26日に発売された『Are You Happy?』だよ。今日で約3か月経つけど、知らない人がいる。

 

  • 仕事が忙しかったり旅行に出かけてる人。
  • 音楽番組やサイトをに興味がない人。
  • 公式サイトや嵐の出演してるテレビを見ない人。
  • タワレコや山野楽器、玉光堂などのCDショップに行かない人。
  • 先月から嵐を好きになった人。

 

嵐の新曲やアルバム情報などは知る機会がたくさんあるけど全日本国民に知れ渡ってるわけない。何かしらの事情で、まだ知らない人が必ずいる。

あたしたち、情報発信するブログアフィリエイターは「知らない人」に向けて書くんだよ。

 

読者さんが知りたいことを記事で届ける。

情報は新鮮なうちにすぐ更新した方がいい。これは確か。13時公開された情報を、1時間後の14時に更新するくらい早いほうがいい。

りおも最初の頃は、ブログ1個だったし仕入れた情報を片っ端から更新してたよ。2記事予定だったけど、よく1記事追加で更新したね。

ただ・・・、いまは更新ペースや記事数が減ってほんとに届けたいことだけに厳選してる。

 

最新情報なのか?レビュー記事なのか?読者さんは何を知りたいのか??

更新する記事を決めるときは、「今日届けるべき情報はどれだろう?」ってことを考えてるよ。

 

記事にしたいことは遅れても更新する。

テーマの情報量が多くて更新しきれないんだよ><ってときは、すごく吟味する。

情報を知ったタイミングやリサーチ時間によって遅れることもある。ネタの重要度や注目度によっては順番が前後したり入れ替わることもあるからね。

情報解禁から1か月とか若干ネタが古くてもどーしても更新したいことは記事にしていいんだよ。

時々読者さんから「遅いよ。」ってコメントをもらうけど気にしない。更新したい記事ネタがハンパないしひとりでやってんだからしょーがないじゃん。

 

あなたは先週から知ってても読者さんはまだ知らない。ブログは情報や内容のネタを知らない人に向けて書くんだからね。

「お待たせ~」って記事に書いてることもあるけど、はっきり言っていらない。読者さんは「情報を知らない人」だから、わざわざ書かなくてもいいの。

これから記事更新をするときに、「知らない人向け」ってことを意識してみてね。